お知らせ

2020.03.31 [プレスリリース]

新型コロナウィルス感染症疑い症例への遠隔による画像診断支援サービスの無償開始

聖マリアンナ医科大学病院(本院:神奈川県川崎市、病院長:北川博昭、以下「当院」)は、新型コロナウィルス感染症疑い症例の診断を支援するため遠隔による胸部CT検査画像の無償画像診断支援サービスを開始いたします。

新型コロナウィルス感染症の診断においては、臨床症状やPCR検査をはじめとした検査データとともに画像所見も重要な意義を持つと考えられます。一方で、全国の診療現場においては画像診断を有効活用できていない状況もあろうかと推察いたします。当院では、従前より救急診療における画像診断活用に注力しており、24時間365日稼働している放射線部門や救命救急センター等に経験豊富なスタッフがおります。昨今の新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、当院として、微力ながら全国の診療現場の支援をできればとの思いで本サービスの開始を発意いたしました。

本サービスは、画像診断活用でお困りの国内医療機関を対象としており、エムスリー株式会社が運営する医療従事者向け情報サイトm3.comの新型コロナウィルス特設ページよりアクセス可能なWebページにてご利用いただけます。同Webページから新型コロナウイルス感染症疑いの匿名化済みCT検査画像(肺野条件)を送信いただき、検査データはセキュアな通信環境下で当院の協力医師が拝見し、結果は同Webページを通じてご確認いただけます。

本サービスはすべて無償でご利用いただけますが、あくまでも通常診療業務に加えてのボランティアとしての活動であり、至らない点もあるかと思いますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

全国の医療機関における新型コロナウィルス感染症の診療の一助となれれば幸いです。

なお、本サービスについては、アリババグループのデータインテリジェンスの中核であるアリババクラウド、同グループの先端技術研究機関であるアリババDAMOアカデミー、同グループのヘルスケア・プラットフォームであるアリババヘルス. インターネットを利用した医療情報発信プラットフォームを手掛けるエムスリー株式会社(本社:東京都港区、社長:谷村格)、医療情報クラウドサービスを提供する株式会社NOBORI(本社:東京都港区、社長:依田佳久)が支援しています。

聖マリアンナ医科大学病院について

聖マリアンナ医科大学病院は、安全で質の高い医療を提供できる特定機能病院として高度かつ先端的な医療を提供するとともに、地域の基幹病院として地域住民が必要なサービスを受けられるよう医療機関間での連携体制を整えています。当院では県下初の救急救命センターが開設され、以来地域の中核的な救急診療を担い続け、現在に至っています。また、救急診療の特徴として、救急医学の中に救急放射線部門があり、放射線科と共に24時間365日、オンサイト・オンタイムでの画像診断と、症例に応じてIVRを提供できる環境を整えています。

聖マリアンナ医科大学病院の詳細情報は https://www.marianna-u.ac.jp/hospital/ をご覧ください。

アリババクラウドについて

2009年に設立されたアリババグループのデータインテリジェンスの中枢です。Gartnerの調べでは世界TOP3のIaaSプロバイダーの1つであり、IDCの調べでは中国最大のパブリッククラウドサービスプロバイダーです。アリババクラウドは、アリババグループのマーケットプレイスでビジネスを展開する事業者、スタートアップ企業、中小企業、政府関連機関をはじめとする世界中の事業者にクラウドコンピューティングサービスの包括的な製品群を提供しています。アリババクラウドは、国際オリンピック委員会のオフィシャルクラウドサービスパートナーです。

アリババクラウドの詳細については www.alibabacloud.com をご覧ください。

アリババDAMOアカデミーについて

2017年10月11日に設立されたアリババDAMOアカデミーは、科学技術の研究とイノベーションを通して未知なるものを探求することに取り組んでいます。本アカデミーでは、人間性の向上を追求することを原動力としています。

アリババヘルスについて

アリババヘルスは、アリババグループの「健康と幸福(Health and Happiness)」戦略における重要なヘルスケア・プラットフォームです。指先ひとつで健康を維持できるようにすることをミッションに掲げ、デジタル技術を通じて医療を促進し、医療業界のイノベーションを起こすとともに、公平で、手頃な価格の、利用しやすい医療・保健サービスを人々に提供することを目指しています。
アリババヘルスの詳細についてはhttps://www.alihealth.cn/をご覧ください。

エムスリー株式会社 について

「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを一円でも減らすこと」を目指し、日本の医師の9割にあたる28万人が登録する医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しています。また、日本のみならず米国、英国、フランス、中国、韓国、インドなど海外にも積極的に進出しており、全世界の医師の半数にあたる580万人の医師会員を基盤とした様々な事業を行っています。エムスリー株式会社 の詳細情報は https://corporate.m3.com/ をご覧ください。

株式会社 NOBORI について

株式会社 NOBORI は、大切な医療情報をクラウド環境に安全に保管・共有・活用し、社会 の集合知へと高めるための IT クラウドサービスを提供しています。当社は、高品質な医療 サービス提供者と、地域の生活者一人ひとりの間に新しい絆を育み、皆様の健康な暮らしを サポートしていきます。

株式会社 NOBORI の詳細情報は http://www.nobori.ltd/ をご覧ください。
本件に関するお問い合わせ先:covid19-info@nobori.in